清水 正孝氏(東京電力社長)

TEPCOらしさで逆境を克服できるか

2008年11月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――10月6日、ニューヨーク市場のダウ平均が1万ドルを割り込みました。清水 米国の金融不安が欧州等にも飛び火し、金融機関の経営は急激に悪化しています。世界同時株安に拍車がかかり、実体経済への影響も懸念されます。景気減速の可能性が高まっています。――日経平均も1万円割れになりました。清水 事態は深刻化する一方です。企業の経営環境の悪化、個人消費の冷え込みが懸念されます。政府は早期に内需喚起に向けた景気対策を打つべきです。――短命政権が続き、政権交代が現実味を増してきました。日本経団連副会長として、政局の混迷をどうご覧になりますか。清水 資源価格の高騰や世界的な金融不安などの悪材料もあり、日本経済は厳しい局面を迎えています。政局の動向にかかわらず、政府には足元の景気対策を着実に実行していただくとともに、中長期的な視点に立って、私たち企業や国民にとって ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。