「日の丸ガス田」に3兆円投資インペックスの危険な賭け

2008年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本最大手の石油・天然ガス開発会社、インペックス(国際石油開発帝石)がオーストラリア、インドネシアで巨大LNG(液化天然ガス)プロジェクトの開発を進めている。世界のLNG貿易は07年で1億7千万トン、その約4割を日本が占め、世界最大のプレーヤーになっている。ところが日本にとって最大のLNG輸入国であるインドネシアは、スハルト政権崩壊後の混乱から新規ガス田の開発が停滞。2010年から始まる契約更改では、現状の年間1200万トンから一気に200万トンに削減すると通告してきた。そこで、その代替としてインペックスはオーストラリアのイクシスLNGプロジェクトの権益76%を確保し、フランスメジャー、トタールとともに開発に乗り出した。さらに、オーストラリアと境界を接するインドネシアのティモール海のマセラ鉱区にも100%の権益を保有し、LNGプロジェクトを推進している。イクシスLNGは年間8 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。