メディアがフタする経産省統計の「恐ろしい数字」

2008年11月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

住宅着工、機械受注、小売業の販売額……。メディアが報じる景気指標はたくさんあるが、決して報じられない数字もある。経済産業省が毎月発表する「特定サービス産業動態統計」。これには新聞、雑誌、テレビ、ラジオの広告売上高の動向が含まれるが、その推移を見ると、「4媒体」と言われる伝統的なメディアの置かれた危機的な状況が一目瞭然。「恐ろしくて、とても記事にはできない」(関係者)代物なのだ。直近の8月分の速報を見ると、4媒体全体では前年同月比で▲5.7%。このうち新聞は▲18.6%とボロボロで、雑誌が▲15.5%と続く。ラジオは▲7.4%、テレビですら0.0%の横ばい。+15.9%のインターネット広告に流れていることは明白である。新聞を年度ベースで見ると、05年度が▲3.5%、06年度が▲6.4%、07年度が▲4.8%。3年間で約15%、00年度以降では、実に30%も減っている。その斜陽ぶりは秋の日のご ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。