お荷物「ミレニアム」に頭を抱えるセブン&アイ

2008年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

西武百貨店とそごうを傘下に収める持ち株会社、ミレニアムリテイリングの佐野和義社長が、業績不振を理由に9月末で辞任した。伊勢丹出身の佐野氏は百貨店マンらしい気位の高い人物で、親会社のセブン&アイ・ホールディングスの方針に再三、異を唱えてきただけに「意外感はない」(百貨店業界筋)。「ミレニアムがセブン-イレブンやイトーヨーカ堂が主力のグループに入っても、業態も商品も企業文化も違うから相乗効果は薄い」と老舗百貨店関係者は口を揃える。それを見越したかのように、大丸と松坂屋が統合したJ・フロントリテイリングの奥田務社長が昨年、セブン&アイの鈴木敏文会長に譲渡を打診したが「鈴木さんは聞く耳を持たなかった」(セブン&アイ幹部)。だが、奥田氏は今も諦めてはいないようだ。セブン&アイがミレニアムを買収したのは「鈴木会長独りの決断」(セブン&アイ関係者)であ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。