NGNがプロバイダーを滅ぼす

NTTの閉鎖的通信網で窮地。IPアドレスの既得権も失い、トンネル方式で生き残れるか。

2008年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

家庭や企業のコンピューターでインターネットに入ろうとすれば、誰もが「プロバイダー」と呼ばれるISP(インターネット接続業者)のお世話になる。料金を払って加入し、メールアドレスをもらい、ホームページ開設などの付加サービスもある。たとえばOCNやニフティ、ビッグローブなど、日本には大小800社以上がひしめいている。そのISPが生きるか死ぬかの危機に立たされている。2010年にはNTT系を除いて全滅してしまいかねないという。今年3月末から「フレッツ光ネクスト」の名称で、NTTの次世代ネットワーク(NGN)が始まったからだ。これによって電話はすべて、NGNが提供するひかり電話(IP電話)に置き換えられる。NTTは明治時代から100年続いた回線交換網と決別し、交換機はお役ご免になるのだ。電話の通信方式が変わるだけならNTTの勝手。が、ことはそう簡単ではない。NGNは電話だけでなく、インタ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。