土壇場で小沢に「勝負手」

オレが不人気なら看板を岡田克也に替えて戦えばよい。体調を壊した小沢のホンネか。

2008年11月号 POLITICS [政権をオレによこせ!]

  • はてなブックマークに追加

人類が未だ経験したことのない世界金融危機の奔流は、日本政界のちっぽけな事情や思惑を瞬く間に押し流した。永田町の会話やマスコミ報道は依然、衆院解散の時期や対決図式、争点や勝敗ラインをめぐって、せわしなく臆測をめぐらす。だが、これまで「常識」だったそうした視点は、今の政治の行方を見通すうえでほとんど効能を失っている。万事に内向きな日本と比べ、金融危機の勃発後、主要国がいかに重要政策の転換を余儀なくされたか。例えばロシアのグルジア侵攻。覚悟と準備のうえで踏み切ったはずが、あっけなく最前線から部隊を撤退させたのは、国際世論が不利に働いたせいばかりではない。ロシアの軍拡を支えてきたエネルギー産業が、金融危機の激痛に悲鳴を上げたからだ。経済の激変は、国家の威信を賭けた軍事作戦をも変更に追い込む。あるいはアメリカの対北朝鮮テロ支援国家指定解除。北朝鮮 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。