製紙メーカーを「悪者」にする日経の「新聞擁護」報道

2008年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

9月27日の日経新聞朝刊に、妙な記事が載った。「製紙各社、新聞紙再値上げ要請」という「企業2面」のトップ記事である。新聞用紙の再値上げ(13~17.4%)を要請した製紙業界の動きを客観的に報じた体裁をとっているが、内実は新聞業界の「擁護」だ。製紙業界は今年4月、実に28年ぶりに新聞用紙の値上げ(約5%)に踏み切ったが、この「歴史的事件」を報じた新聞はなかった。本誌7月号でこの事実を特報したが、今頃になって日経が「再値上げ」をことさら大きく報じたのはなぜなのか。「あれは業界擁護。解説記事を読めばわかる」と製紙業界関係者は批判する。確かに「4月に値上げしたばかりなのに受け入れられない。広告需要が大幅に落ち込む中で今回の値上げを受け入れれば、ほとんどの新聞社の新聞事業が赤字に陥る」(朝日)、「(印刷用紙の値上げを受けて雑誌の休廃刊が相次ぐなど)活字メディアの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。