永田町揺さぶる女社長の贈賄捜査

大物政治家との関係を誇示し、病院業界にワイロをばら蒔いた女社長の転落人生。

2008年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

東京地検は9月29日、医療機器販売会社「ヤマト樹脂光学」社長の久保村広子被告(74)を贈賄罪で追起訴した。国立身体障害者リハビリテーションセンター元部長の簗島(やなしま)謙次被告(収賄罪で起訴)に、同センター発注の医療機器選定で便宜を図ってもらった見返りとして135万円を贈った罪だ。先に起訴されていた分を含め、賄賂総額は195万円になった。だが同センター汚職は氷山のほんの一角にすぎず10月15日、新たに防衛医大の教授が逮捕された。ヤマト社関係者によると、久保村被告は全国の国立大学病院や私大病院、国公立病院の幹部に長年にわたり多額の賄賂を贈ってきたとされ、警視庁は他の国立大学病院幹部にも賄賂が贈られたと見て、今後も捜査を継続する模様だ。

宮下創平元厚労相の縁戚

「久保村は賄賂を贈る相手をAからDの4ランクに分けていた。Aは1回100万円、Bは50万円、Cは10万円~15万円、Dは1万円程度の商 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。