「超大国アメリカ」退場の衝撃

「このままでは勝てない」。アフガンでもイラクでも、対テロ戦争は元の木阿弥。日本の給油特措法もかすむ。

2008年11月号 GLOBAL [世界は「無極」のカオス]

  • はてなブックマークに追加

超大国が消えようとしている。ソ連崩壊後、「唯一の超大国」と言われたアメリカが、玉座から降りて「普通の大国」になろうとしている。「21世紀の国際関係の主な特徴は、無極性であることが明らかになってきた。極なき世界とは、1国や2国、もしくは数国の国家に独占されるようなものではなく、むしろさまざまな種類のパワーを保持あるいは行使する、数十の主体に動かされる世界なのである」米国の名門外交評論誌「フォーリン・アフェアーズ」5・6月号に掲載された「無極性の時代」(The Age of Nonpolarity)というタイトルの論文である。筆者は元国務省政策企画室長のリチャード・ハース。現在は「フォーリン・アフェアーズ」を発行する対外関係評議会の会長だけに、かつてジョージ・F・ケナンが同誌でソ連封じ込め理論を提唱したように、「無極」の一語によって時代を画そうとしたのだろう。ハースに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。