「高橋治則の亡霊」が操る怪しい会社

何ゆえか、役員欄には元三菱商事副社長や元米国務長官らの名。糸を手繰ると、稀代の口先男が浮かぶ。

2008年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

政官界を震え上がらせたリストはA4判13枚にまとめられていた。そこには個人名、勤務先、肩書、勤務先の住所、電話番号に加えて、自宅住所、電話番号まで記されている。173人の個人情報が記載されたリストで、ひときわ目を引くのは官僚の多さ。当時の11省庁を網羅する高級官僚47人が名を連ねる。通称「窪田リスト」――元日本IBM社員、窪田邦夫が作成した接待リストである。では、接待のホスト役は? 窪田を側近としていたリゾート開発企業「イ・アイ・イ・インターナショナル」の総帥、故高橋治則である。1980~90年代のバブル期に「環太平洋のリゾート王」ともてはやされ、日本長期信用銀行(現新生銀行)の破綻の元凶となった一人だ。95年、東京協和信組など2信組の経営破綻に絡む背任容疑で東京地検特捜部に逮捕された。元労相、山口敏夫の親族企業などに不正に融資させたとして起訴され、99年に東京 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。