三菱UFJ――畔柳社長「大勇断」の内幕

土壇場で出資条件を見直す離れ業。モルガン・スタンレーへの投資は「百年に一度のチャンス」と、一世一代の大勝負に出た真相。

2008年11月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

「株さえ握れば筆頭株主として発言ができる。業務提携もこちらの意向で進む。北米と欧州はモルスタ(米モルガン・スタンレー)に任せ、日本とアジアがうちの領分でも構わない。金融市場でグローバルトップ5(世界で5指に入る銀行)になる土台ができたということです」9月末、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)幹部は、米投資銀行第2位のモルスタに対する90億ドル(約9千億円)の出資の戦略的意義を、こうまくしたてた。9月29日に発表された「グローバル・アライアンス戦略の展開を目指して」と題する、両社の資本提携合意によると、MUFGはモルスタの約30億ドル相当の普通株式(1株当たり価格25・25ドル)と、約60億ドル相当の転換権付き永久優先株(同31・25ドル)を引き受け、約21%の議決権を持つ筆頭株主となって、取締役も派遣する。邦銀の海外金融機関への出資として過去最大規模とはいえ、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。