広東省独自に東南ア外交?汪洋党書記が4カ国歴訪

2008年10月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

広東省が独自に対外的経済関係を発展させようとしている。9月3日から広東省共産党委員会書記の汪洋氏がインドネシア、マレーシア、シンガポール、ベトナムの4カ国を歴訪する初の外遊へと出発した。公式には歴史的に関係の深い広東と華僑華人社会との連携を強化し、投資を呼び込むのが狙い。最近、東南アジア各地への進出が目立つ広東出身企業の現地進出をさらに促す狙いもあるとされる。広東省がいずれ東南アジア諸国連合(ASEAN)に関与していく布石と思われるのは、最近の台湾の動きによる。馬英九政権誕生で、従来のオブザーバーではなく、正規メンバーないしそれに近い立場でのASEAN加盟を狙う動きを顕在化させている。当然、中国当局の横槍が予想されるが、仮に台湾がオブザーバー以上のポジションを得ることを中国が容認する場合、同様の立場を広東省が得ることを北京も認めざるをえなくなる。汪 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。