樋口 武男氏(大和ハウス工業 会長兼CEO)

「太陽光発電」普及にドイツ並みの国策を

2008年10月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――「新興デベロッパー」と呼ばれる住宅・不動産会社の倒産が続出しています。樋口 えらいことです。景気の落ち込みに諸資材の高騰が追い打ちをかけるスタグフレーションに近い状況になってきました。――住宅需要の見通しはいかがですか?樋口 06年の新設住宅着工は129万戸、昨年は改正建築基準法の影響もあって106万戸に激減しました。今年は回復を見込んでいたのですが、せいぜい昨年並みでしょう。人口減少社会に突入したこともあり、いずれ100万戸を割り込むかもしれません。しかし、ピンチの時に流されたらダメですな。島国で単一民族に近い日本人は全体のムードに流されやすい。それは欠点です。繊維や造船業が大不況の時も、逆にチャンスをつかんだ会社がありました。確かに住宅事業だけだったら成長に限界がありますよ。しかし、大和ハウスグループは、この3年間に連結売上高を1兆5千億円から1 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。