麻生総裁でも総選挙は大敗

自民党選対によれば300小選挙区のうち当確はわずか78。「麻生旋風」どころか150議席割れの壊滅も有り得る。

2008年10月号 POLITICS [一寸先は闇の永田町]

  • はてなブックマークに追加

毎年9月恒例となった自民党総裁選は、またしても大勢が「勝ち馬」に流れる締まりのない展開である。最初の「小泉ブーム」は勢いがそのまま政権の力に結びついたが、その後の安倍晋三元首相、福田康夫前首相は、いずれも総裁選での「勝ち馬」現象が、発足当初の内閣支持率こそ押し上げたものの、政権を支えるのには役に立たなかった。いずれも支持率は2、3カ月で急落。安倍氏は参院選で敗北し、福田氏は自分の代では選挙もできなかった。世論調査頼みの政局運営が、いかに当てにならないかの証左であろう。

当てにならぬ「麻生人気」

新首相就任が確実視される麻生太郎氏も、世論調査の結果はどれもすこぶる良い。総裁候補5人の中では、終始ダントツの1位。事前調査によれば、自民党の地方票も序盤から圧倒的に優勢。国会議員の得票予測も早々に過半数を超えた。本命による堂々の横綱相撲と見えるが、安倍、福田2代の教訓から、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。