財務省「居酒屋タクシー」で政権交代に怯える面々

2008年10月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

福田康夫首相の突然の辞任劇が財務省を揺るがしている。民主党政権の誕生がいよいよ現実味を帯びてきたが、民主党の「財務省イジメ」は深刻。「政権をとったら、事務次官以下の局長級幹部の首を挿げ替えるのでは」。そんな悲観論が囁かれているからだ。民主党の財務省攻撃の象徴的な出来事は、先の日銀総裁人事だ。「財政と金融の分離」を錦の御旗に、財務省出身の武藤敏郎前日銀副総裁の起用を頑なに拒否した。08年度の予算編成でも道路特定財源の暫定税率を失効させ、居酒屋タクシー問題を徹底追及してきた。民主党政権になった時、標的になるのは次官と官房長だ。杉本和行事務次官は居酒屋タクシー問題が発覚した時期の主計局長、次期次官候補の丹呉泰健主計局長は官房長だった。財務省は2人を減給処分にとどめたが、民主党が彼らの責任問題を蒸し返し、辞任に追い込むのは必至と見られる。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。