民主党政権の官房長官はポスト小沢狙う菅氏?

2008年10月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

次期衆院選が11月上旬に行われる可能性が強まり、民主党の小沢一郎代表周辺では、選挙勝利-政権奪取を想定して、閣僚人事名簿の作成が始まった。最大の焦点の官房長官ポストは、民主党筋によると、菅直人代表代行の就任が有力視されている。党内でも指折りの政策通かつ論客で、記者団との丁々発止のやりとりは得意。と同時に、そこには「ポスト小沢」の含みもある。実際、菅氏自身も、小沢氏に不測の事態が起きた場合は、直ちに後継代表の座に就くことに強い意欲を持っている。先の代表選で菅氏が早々と不出馬を宣言したのも、小沢氏からの禅譲を期待しているとの見方がもっぱらだ。しかし、民主党内では岡田克也、前原誠司、野田佳彦の各氏も代表職を狙っている。仮に小沢政権が誕生して「菅官房長官」が実現した場合、党内では選挙前にたまった「反小沢」のマグマが一気に噴出する可能性もある。  ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。