東芝「西田神話」の化けの皮

フタを開ければ総合電機メーカーで唯一の赤字転落。時価総額でも三菱電機の後塵を拝する体たらく。

2008年10月号 BUSINESS [裏目に出た「選択と集中」]

  • はてなブックマークに追加

我が国の経営者がこぞって唱える「選択と集中」。バブル経済後の「失われた15年」に膨張した「設備・人員・負債」をスリム化する際のお題目となったが、今では陳腐な常套句と化している。そもそも「選択と集中」は収益改善の手段であり経営の目的ではないはずだ。このところNECやキヤノンで「『選択と集中』の失敗」が囁かれてきたが、その最たるものは「哲人」社長、西田厚聰(64)が率いる東芝にほかならない。「東芝、200億円赤字」の見出しが日経新聞朝刊1面に躍ったのは7月24日。2008年4―6月期(連結)の営業損益が前年同期の212億円の黒字から赤字に転落する決算予想を報じた。その5日後の決算発表の席で明らかにされた4―6月期の連結営業赤字は242億円、部門別でみると半導体の赤字302億円が何より目を引いた。巨額赤字の元凶となったのは、NAND型フラッシュメモリーとシステムLSI。フラッシュメ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。