編集後記

2008年10月号 連載

  • はてなブックマークに追加

ロードムービーが好きだ。荒寥とした赤茶けた大地をどこまでも走る無人の道。錆びた車のサイドミラーに蒼穹と土埃が映っている風景が、なぜか無性に懐かしい。アメリカの大平原を独りで疾走した経験なんてないのに、不思議とデジャヴ(既視感)に襲われる。『イージー・ライダー』『ペーパー・ムーン』『パリ、テキサス』『アメリカ、家族のいる風景』『イントゥ・ザ・ワイルド』……挙げていけばきりがない。▼行き先もなく連れもない旅。やみ難いほどの憧憬を覚えるのは、放浪癖があるからだろうか。民俗学の祖、柳田國男にも生来その癖があったらしい。幼時ふっと神隠しにあい、近所総出で捜索したら、隣村をすたすた歩いていたという。遠方に親戚がいると空想して歩き始めたというから、トランス(入眠幻覚)に陥っていたのだろう。実は私にも経験がある。5歳で家出した。▼何が気にくわなかったのか覚 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。