新型インフル・ワクチンの最前線

欧米ではタミフルより効く「プレパンデミック・ワクチン」の備蓄を開始。タミフル頼みの日本は死者続出の恐れ。

2008年10月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

1997年に香港で最初のH5N1型鳥インフルエンザの人への集団感染が起きてから10年が経過した。その間、科学者や製薬会社は手をこまねいてきたわけではない。さまざまな対抗手段の開発に力を注いできた。今年に入って、その努力が少しずつ実を結びつつある。新型インフルエンザの大流行(パンデミック)の前に接種するプレパンデミック・ワクチンの市販を手始めに、迅速にワクチンを製造する手法や、タミフルやリレンザに代わる新たな抗ウイルス剤、全く新しい手法で人体に免疫を発現させるワクチンなど、画期的な特効薬が次々に登場し、臨床試験の段階を迎えている。

期待の「プレパンドリックス」

2008年5月、英グラクソ・スミスクライン・バイオロジカルズ社(グラクソ社)のプレパンデミック・ワクチン「プレパンドリックス」が、欧州医薬品審査庁(EMEA)から製造販売の承認を受けた。現在の鳥インフルエンザのウイルスから作るプ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。