スズキの「ひ弱な御曹司」に試練

娘婿の急逝で俄然脚光浴びる長男の俊宏専務。「カリスマ親父」の後を無事に継げるか。

2008年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

軽自動車の王者、スズキで30年以上にわたり、同社の実権を握ってきた創業家の鈴木修会長(78)。海千山千の経営手腕で自動車業界再編の荒波を乗り越えてきた。車のOEM供給で提携関係にある日産自動車のカルロス・ゴーン社長をも籠絡するほどで、その風貌から親しみも込めて「狸親父」と言われる。その修が、長男である専務の俊宏(49)への禅譲も含め「ポスト修体制」に向けて急速に動き始めた。今年10月、スズキはハンガリー工場で製造している小型車「スプラッシュ」を日本に輸入販売する。スプラッシュは同社の世界戦略車「スイフト」を発展させた車で欧州などでは今年3月から販売を始めた。実はこの車の開発責任者であるチーフエンジニアを務めたのが俊宏。市場にお披露目するうえでの彼の「名刺代わり」でもあるのだ。ただ、日本での販売が成功するかは未知数。ユーロ高や輸送コストの加算で、価格 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。