イーバンクに200億出資 楽天の「チキンレース」

銀行業参入を否定するが、仮想商店街の決済機能を委ねたら、営業停止処分で4千万人会員が漂流する恐れ。

2008年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日経ビジネス8月25日号は「ネット流通の研究」という特集を組み、8ページを費やして楽天を持ち上げている。そのインタビューで社長、三木谷浩史は、相変わらず強気でこう抱負を語っている。「日本の個人消費総額は170兆円ぐらいかなと思っていますよ。そのうちネット経由に置き換えられるのは最大3割ぐらいなんじゃないかな。そのうち3割の流通を楽天が握りたいんですね」株式上場で得た資金を企業買収に費やし、企業規模を拡大し続けてきた楽天。証券、信販、マスメディア、果ては球団まで、グループの範囲は広い。しかし一貫してグループの中心となっているのは仮想商店街の「楽天市場」である。楽天にはひとつの悲願がある。「楽天市場」を通じて商品を買う際にクレジットカードなどの決済が欠かせないが、その機能を持つ金融機関を傘下に収めることだ。9月5日、日本経済新聞朝刊は4面の片隅で、イー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。