米ロ原子力協定「凍結」の裏

挑発の背後にちらつくネオコンの“転覆工作”。リアリスト派の巻き返しで、実は「温存」とも見える。

2008年10月号 COVER STORY [グルジアの砲声]

  • はてなブックマークに追加

『8月の砲声』という名著がある。ピューリッツァー賞を受賞した米国の女性ジャーナリスト、バーバラ・タックマンの労作だ。第1次大戦が勃発した1914年8月のドキュメントだが、開戦前夜、恐怖に駆られたドイツ皇帝の逆上は忘れ難い。「世界はかつてなく恐ろしい戦争にがんじがらめになる!」2008年8月のグルジアの砲声もそれを連想させた。北京五輪の華やかな開会式に冷水を浴びせた8月7日の軍事衝突を境に、「唯一の超大国」米国と「かつての超大国」ロシアの関係が劇的に悪化(ロシア周辺国の分析は64~65ページ参照)、ポスト冷戦の“グレートゲーム”は様相が一変したのだろうか。9月8日にはジョージ・ブッシュ大統領が、米ロ原子力協定の議会承認申請を取り下げると正式に通知した。「核の平和利用」で米ロが協力していく法的基盤となるこの協定は5月に両国政府が調印、議会の批准を待つばかりだった ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。