「メタンハイドレート」権益争いの火蓋

二階経産相の後押しで前年度の倍以上の45億円を予算要求。2018年度の商業化に向けて動き出した。

2008年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

原油高が続く中、「燃える氷」と呼ばれるメタンハイドレートなどの代替エネルギーが注目を浴びている。メタンハイドレートとは天然ガスの主成分であるメタン(CH4)が深海底や極地の地層において低温、高圧下で水分子と結合してシャーベット状になったもので、海底から採取した氷に点火すると青い炎を発する。今、メタンハイドレートが注目される理由は、原油価格が7月上旬に1バレル=150ドルに迫り、石油に替わるエネルギー開発が急務であるため。在来型の天然ガスに比べ、その莫大な資源量も魅力だ。全世界におけるメタンハイドレートは、陸地ではシベリアの永久凍土(ツンドラ)地帯、海洋では米国メキシコ湾、カナダの北極海、アリューシャン海溝などの水深1千メートル以上の深海の地層に存在する。最新研究では、陸地と深海部を合計した原始埋蔵量(元来の資源量)は2万1千兆立方メートル。仮にそ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。