行政処分で揺れる「ベルーナ」ワンマン安野社長の評判

2008年10月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

インターネットやテレビ通販の増加で通信販売業界のチャネルは多様化が進んでいる。これまで主力だったカタログ通信販売は原料高の影響を受けて用紙・印刷費が上昇し、経費節減が急務になっている。こうしたなか、カタログ販売で業界3位のベルーナ(本社・埼玉県上尾市)が、7月に経済産業省から展示会販売事業について6カ月間の業務停止命令を受けた。「呉服や宝飾品などの高額品展示会への勧誘のために通販顧客宅を訪れ、しつこく勧めて商品を買わせた。また、クーリングオフについても嘘の説明をした」などの行状が問われたためだ。多くの苦情が国民生活センターに寄せられていた。ベルーナは安野清社長が一代で築き上げ、2000年3月に東証1部に上場を果たした。今年7月には8回目のゴルフカップ「ベルーナレディースカップ」を自前のゴルフ場で華々しく開催、その直後に業務停止命令を受けた。同社が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。