三菱商事次期社長は西澤、鍋島両常務の対決か

2008年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

資源高で業績好調の三菱商事の次期社長は西澤正俊(60)、鍋島英幸(58)の両常務に絞られた模様。同社の社長の在任期間は6年が不文律になっており、小島順彦社長が後進に道を譲るのは2年後。しばらく2人のマッチレースが続きそうだ。西澤氏は同社の花形部門であるエネルギーの出身だが、今はコーポレート担当役員として全社に目を光らせる立場。一方、鍋島氏は機械グループCEOとして機械部門を統括しているが、かつては経営企画部に籍を置き全社を見ていたキャリアが光る。西澤氏ならエネルギー部門からは初めて、鍋島氏ならば3代続けて機械部門から社長が出ることになる。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。