与野党が捻じ曲げる「証券税制」

麻生氏がぶち上げた小口投資家向け「証券マル優」創設がうまくいかない理由。

2008年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「自分が首相になったらやりたいと思っていたが、とても待っていられない」次の首相の座を射程に入れた身としては、株価の低迷を自分の政権まで持ち越したくなかったのだろう。自民党の麻生幹事長は8月9日、札幌市内で講演し、小口投資家を対象に、「証券マル優」の導入をぶち上げた。上場株式への投資額が300万円以下なら、手にした株の配当金には課税しない、という優遇措置だ。この時は麻生氏も、よもや1カ月後に総裁選の渦中にいるとは思わなかっただろう。だが、結果的にはうまいタイミングだった。8月末にまとめられた総合経済対策には、麻生氏の提案を受けて「貯蓄から投資への流れを促進する」方針が盛り込まれた。福田首相が辞任を表明した翌日の東京株式市場では、「麻生銘柄」と呼ばれる漫画関連株と並んで、証券会社株が一斉に上昇した。「麻生首相誕生で、証券マル優は現実味を帯びる」と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。