ソフトバンクの「Xデー」

株価急落は、金融機関との交渉不調ゆえか。端末メーカーも「万が一」に備える。

2008年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

株価が鳴動を始めた。9月10日、ソフトバンク株が一時1600円を割り、3月の安値を下回る年初来安値1584円をつけた。8月5日の4~6月期決算発表からこれで2度目の急落、関係者は「いよいよ始まったか」と肝を冷やした。本誌前号が報じた「キャッシュフロー危機」がボディーブローのように効いてきたのだろう。融資残1兆3千億円のメーンバンク、みずほとの交渉が不調、との観測が流れたからだ。みずほは表向き「あくまでもソフトバンクを支える」としているが、第1四半期で売上高が前年同期比2%減となったソフトバンクの先行きを決して楽観視していない。金融庁が9月からみずほにヒアリングに入ったことも、株価に反映したのかもしれない。新BIS(国際決済銀行)基準のもとでは、資産の劣化は銀行の自己資本比率に直結するからだ。みずほとソフトバンクの融資契約の特約条項(コベナンツ)などが精査対象だ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。