グルジア紛争の「最大の謎」

2008年10月号 連載 [「軍略」探照灯 第30回]

  • はてなブックマークに追加

日本メディアの国際紛争の報道は、第一報段階では、米・英系通信社の原稿を急遽訳したり、CNNを参考にすることが多く、米、英の観点からの印象が強くなりがちだ。南オセチア紛争はその典型で、識者の中にも「ロシア軍の南オセチア侵攻」で戦争が始まったように思って「冷戦再現」を論じる人が少なくない。実は今回戦争を始めたのはグルジア側だ。8月8日未明、グルジア軍は同国北部の南オセチア自治州に進攻、州都ツヒンバリを制圧した。市内に多連装ロケット砲を多数撃ち込み、戦車、装甲車で突入したから同市はほぼ壊滅状態となり、州政府の発表では1692人が死亡した。南オセチアの住民約10万人のほぼ7割はイラン系のオセット人でグルジア人とは民族対立があり、北隣のロシア領の北オセチア共和国への親近感が強かった。1988年ソ連がアフガニスタンで敗れて撤退を始め、その威信喪失に乗じてグルジア独 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。