隠し技「政府紙幣発行」の行方

2008年10月号 連載 [policyの極意 第6回]

  • はてなブックマークに追加

9月1日の突然の福田総理辞任で、政局がにぎわしくなってきた。選挙は内政・外交の国政全般にわたるが、現下の経済状況から景気対策が大きな一つの争点だろう。経済政策には三つの考え方がある。一つ目は、財政再建を棚上げして財源を赤字国債とする。財政出動で景気対策を狙う「旧来ばらまき派」だ。もちろん麻生氏が代表格。二つ目は「増税派」。とにかく財政再建至上主義で経済は二の次。与謝野氏以外にこの考え方の候補はいない。そして三つ目が「上げ潮派」。財政再建も重視するが、景気対策もやる。財源は50兆円にもなる霞が関埋蔵金を使う。今回の候補の中では、小池氏であろう。8月末に政府・与党で骨格が決められた景気対策は、2番目の増税派によるものなので、事業費は10兆円を超えるが、実質的な財政支出を表す「真水」の部分は2兆円弱と小規模であった。もっとも、公明党が主張した定額減税 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。