「国立リハビ」汚職事件が他の国立大学病院に飛び火

2008年10月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

国立身体障害者リハビリテーションセンター病院の元部長・簗島謙次容疑者に賄賂を贈ったとして医療機器販売会社「ヤマト樹脂光学」の久保村広子容疑者が警視庁に逮捕されたが、ヤマト関係者によると、久保村容疑者は他の国立大学の教授らにも賄賂を贈っており、事件が他の大学病院に飛び火する可能性が出ている。複数のヤマト関係者によると、久保村容疑者は全国の国立大学病院の眼科教授や私大病院の学長、事務長、国公立病院の事務長らに長年にわたり賄賂を贈ってきたという。久保村容疑者は贈賄先を四つにランク分けし、Aランクは一回100万円、Bランク50万円、Cランク10~15万円、Dランクには商品券1万円分を配っていたと関係者は証言する。逮捕された簗島容疑者は一回当たり15万円を13回受け取っていたから、久保村の贈賄対象者としては下から2番目のランクの小物に過ぎない。関係者によると、警視 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。