隙間市場から生まれる主流派

2008年10月号 連載 [industryの極意 第6回]

  • はてなブックマークに追加

自動車会社の主要な商品系列を構成しているのがメーンモデルだが、メーンモデルではカバーできない小さな市場を、ニッチ(隙間)マーケットという。市場が成熟するにつれ、顧客の価値観が多様化し、従来のモデルでは飽き足らない面が出てくる。メーカー間のシェア争いも激しく、小さい市場も無視できない。しかし作る側からすれば、ニッチは単なる落ち穂拾いではなく、もっと積極的な意味を持つ。ニッチ市場には多くの場合、特殊な領域、例えばオープンカーやスポーツモデルが多いのだが、年齢層やライフスタイルを絞ったモデルも散見される。メーカーにとってニッチは将来の商品情報を取る実験台の意味がある。もうひとつの意味はPR効果である。ニッチ市場に向けたモデルを通して「当社は普通の車ばかり作っている会社ではなく、高性能や面白メカニズムを提供する元気な会社である」と言いたいのである ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。