北京五輪のカメラ対決ニコンがキヤノンにひと泡

2008年10月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

北京五輪では黒のニコンが巻き返し、白のキヤノンと五分五分に持ち込んだ――。オリンピックはカメラメーカーにとっても4年に一度の大勝負の場。テレビ中継に映る機材は即、大宣伝のチャンスとなる。世界のスポーツ報道用カメラ市場で鎬を削るニコンとキヤノン。4年前のアテネ五輪ではキヤノンの白い望遠レンズが席巻。取材で使われたカメラ機材の比率はキヤノン8割、ニコン2割と大差がついた。一眼レフのデジタル化で先行したキヤノンが、プロ用カメラ「EOS―1DマークⅢ」で圧勝したのだ。しかし、業界名門のニコンは昨年11月に「キヤノンより夜間撮影に強い」(大手新聞社写真部員)デジタル一眼レフ「D3」シリーズを投入。北京五輪では、テレビ放映権を握る米国3大ネットワークの都合に合わせて、人気競技の多くが中国現地時間の夜に行われたため、「ISO6400という高感度を実現したニコンの新機種が威力 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。