松本 正之氏(JR東海社長)

リニア新幹線実現へ 「高速鉄道マン」の遺伝子

2008年10月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――この10月で東海道新幹線の品川駅開業から5年が経ちました。金曜日の夕刻など満席状況が続いていますね。松本 品川駅という都心第2のターミナルができたおかげで、東京駅だけの時より乗降客が約15%も増えました。1964年に開業した新幹線は、国鉄時代には抜本的な改良は行われず、JR東海になってから、すべての車両を第2世代新幹線(300系、700系)に取り替えるプロジェクトを始めました。2003年の品川駅開業に合わせて、すべての新幹線の車両を時速270キロで走れる第2世代に置き換えた結果、東京~新大阪を約2時間30分で走る「のぞみ」を毎時7本運転するダイヤが可能になりました。それを我々は「第2の開業」と呼んでいます。――昨年7月には第2世代の完成形と評されるN700系をデビューさせましたね。松本 高速性、快適性、省エネを徹底したハイテク車両です。N700系は多くのお客様にご利用いただいて ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。