芦田 昭充氏(商船三井社長)

データ分析を土台に「やればできる」

2008年10月号 連載 [経営者のひきだし 第30回]

  • はてなブックマークに追加

「やってみせ、言って聞かせて させてみて、誉めてやらねば、人は動かじ」連合艦隊司令長官・山本五十六元帥の言葉として、知られる。軍隊では、やるべきことをきちんとのみ込まないまま戦闘に入れば、自らばかりか、隊全員の命を失う危機を招く。だから、新兵たちには上司が自らやってみせ、その意味を説き聞かせ、自ら体験させてみることだ、と説く。軍隊と企業経営は、相違点が多い。だが、「人の教育こそが基本」という点は、共通だ。だからだろう、経営者には、研修好きが多い。だが、山本五十六流にまで踏み込む例は、稀だ。そこまでの教育を、経営の土台に置いている経営者が、この人だ。芦田昭充さん。世界最多の船舶を保有し、収益もトップ級の商船三井の社長。「会社の財産は人」が口癖だ。若いころ、よく上司に鍛えられた。しんどかったが、振り返れば「いろいろなことを、叩き込んでもらっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。