「麻生クーデター」の第2幕

2008年9月号 連載 [policyの極意 第5回]

  • はてなブックマークに追加

今回の改造内閣の顔ぶれは、一言でいえば、小泉構造改革路線の否定である。ポイントは麻生太郎・自民党幹事長だ。あまり知られていないが、郵政民営化に麻生氏は最後まで頑強に反対した。小泉純一郎氏が郵政解散を決断するときに、麻生氏(当時総務相)は反対し、閣僚罷免の一歩手前までいった。麻生氏は、今回、福田康夫・総理に協力する条件として①与謝野馨氏を入れる、②古賀誠氏を排除する、③改革派を一掃する――の3点セットを要求したといわれている。福田総理は①と③を呑んだのだ。与謝野氏を経済財政担当相に入閣させて、麻生-与謝野ラインになったが、このコンビは1年前の安倍政権での内閣改造(麻生幹事長-与謝野官房長官)と同じだ。安倍政権があっけなく崩壊したのは、麻生クーデターといわれたものだが、真相はわからない。ただ党内少数派閥が足場の麻生氏が天下をとるには、総理からの禅譲 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。