仏料理の巨匠が大阪で 「脱・ミシュラン」

「星」が目当ての飲食企業を批判。関西とフランスを融合させたカウンター割烹をオープン。

2008年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

食の都・大阪の象徴でもあった道頓堀の食の殿堂「くいだおれ」が7月8日をもって閉店した。その閉店は、「吉本・たこ焼き・タイガース」と並ぶ大阪のキャラクターとしておなじみの人形「くいだおれ太郎」の引退という切り口の報道で、連日在阪のテレビ・新聞を賑わせ、マガジンハウスからは単行本『くいだおれ太郎のつぶやき。』も発刊された。このところ大阪についての食は、たこ焼きやお好み焼き、うどんといった「粉もん」ばかりがもてはやされ、グルメレベルでは京都に押され気味であった。また「船場吉兆」の不祥事も重なって、大阪は食の都としての存在感を失ってきている。そんななか、フランス料理界の巨匠アラン・デュカス氏の関西初のビストロ・フランスレストラン出店の発表は、拍手喝采をもって迎えられた。

シャネルとのコラボも

6月6日に大阪・新町の仏レストラン「ヴレ・ド・ヴレ・シェ・ヒロ」で行われたプ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。