「北」を利した日韓の「竹島」角逐

双方とも低支持率の悲しさ。すぐ理性を失うソウルと、拉致連携の機を失った日本。

2008年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

振り上げたコブシをどう下ろすか――日韓外交で韓国側にたびたび見てとれる光景である。権哲賢(クオンチヨルヒヨン)・駐日大使は、日本が新学習指導要領解説書に竹島(韓国名は独島[ドクト])を日本領として明記するとしたことに抗議して帰国していたが、8月5日、東京に帰任した。文部科学省が竹島明記を7月14日に発表した翌日に帰国したから、3週間もコブシを振り上げていたことになる。「本国召還」を韓国政府が宣言したわけではないが、大使を赴任地から帰国させる措置は外交上極めて強硬な策である。それだけに韓国政府はどういったタイミングで、権大使を再び日本へ戻すのかと疑問を呈する声が多かった。 そのタイミングは米国がつくった。7月28日、米政府機関の地名委員会が竹島(米国での呼称は「リアンクール岩礁」)の帰属を「韓国領」から「主権未確定」に変更した。韓国国内は大騒ぎとな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。