カラジッチを裁けるか国際法廷

あっと驚く変装のセルビア人指導者。だが、凄惨な内戦の責任はすべてセルビア人か。

2008年9月号 GLOBAL [Dragan Milenkovic Eye]

  • はてなブックマークに追加

イスラム教徒、セルビア人(東方教会系キリスト教徒)、クロアチア人(カソリック系キリスト教徒)が混在する旧ユーゴスラビアのボスニアで、少なくとも30万人のイスラム教徒が殺されたとされる内戦で、セルビア人指導者だったラドバン・カラジッチ(63)が7月21日、セルビアの首都ベオグラードで身柄を拘束された。カラジッチは1992年からボスニア領土内に設立されたレプブリカ・スルプスカ(セルビア人共和国)の大統領を務めていたが、95年に旧ユーゴ内戦の終結を調印したデイトン和平協定が締結されると、翌年にすべての国務を放棄した。オランダのハーグにある旧ユーゴ国際戦犯法廷は、95年にカラジッチやその他のレプブリカ・スルプスカの政治家、将軍らを起訴している。カラジッチはジェノサイド(大量虐殺)や人道に対する罪、戦争法規違反などの罪状だ。サラエボ包囲・砲撃作戦や、西側では「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。