岡田名古屋商工会議所は「1期3年」の短命政権か

2008年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

11月で就任丸1年を迎える岡田邦彦名古屋商工会議所会頭(松坂屋会長)の評判が冴えない。名古屋の名門企業、松坂屋の出身で、大丸との経営統合を決断するなど前評判は上々だったが、中部財界のトップとして「何をしたいのかさっぱりわからない」という不満の声が聞かれるからだ。ここ数年、「経済規模で大阪を抜き、元気な名古屋」と喧伝されてきたが、足もとを見ればトヨタ自動車の減産に原油・原材料の高騰、中小企業の倒産も増え、地域経済の減速が明らかになってきた。おまけに路線集約と減便が相次ぐ中部国際空港の2本目の滑走路建設など厄介な問題が山積している。名古屋のある財界人は「岡田さんの話は長くて具体性がない。中部財界の危機感の乏しさ」とバッサリ。「名古屋で財界人が新提案をすれば、言い出しっぺが汗をかき、おカネも出すのが不文律」と言われ、J・フロントリテイリングの傘下 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。