三菱商事の佐々木会長が国際商業会議所のボード入り

2008年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三菱商事の佐々木幹夫会長(日本経団連副会長)が6月13日、国際商業会議所(ICC、本部パリ)の理事に就任した。ICCは世界130カ国、約7400社が加入する多国籍の民間経済団体。政策提言のほか、貿易のルール作り、国際的な商事仲裁にも大きな力を発揮している。日本は設立総会(1920年)からの主要メンバーで、傘下のICC日本委員会の会長には、戦前は団琢磨(初代)、井上準之助、戦後は永野重雄、五島昇、石川六郎らが就任している。佐々木氏も、山口信夫・日本商工会議所会頭(当時)の求めで、2002年より日本委員会会長を務めているが、我が国の財界人がICC本体の理事としてエグゼクティブボード入りするのは珍しい。欧州が主たる舞台だったICCでも、最近は中国、インドの台頭が目覚ましく、日本の存在感は乏しくなっている。ICC会長のビクター・ファン氏(流通商社のリー・アンド・ファン会長)も香港 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。