小手先では拭えぬ JT、加ト吉の悪玉イメージ

2008年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で「『食の安全』を蔑ろにしたA級戦犯」と酷評される日本たばこ産業(JT)が、年明けに新ブランドを立ち上げる方針だ。JTは今春、冷凍食品大手の加ト吉を完全子会社化したが、加ト吉も帳簿上の物品のやり取りで売上高を水増しする「架空取引」で元幹部が逮捕され、これまた企業イメージが失墜している。ともに「悪評がつきまとい、『あそこの商品は買わない』と消費者に敬遠されている」(大手スーパー関係者)ため、新ブランドで「悪玉」イメージの払拭を図る目論見だ。JTの子会社JTフーズは7月、加ト吉の傘下に入ったが、現在は双方の商品が並存し、「営業も二つの部隊に分かれている」(食品業界関係者)。効率を上げるには冷食事業の統合は自然の流れであり、商品ブランドを一新する狙いもわからなくはない。が、もとは専売公社だったJTの営業部隊は「ウチの商品を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。