日立、東芝、富士通のHDD統合構想が浮上

2008年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日立製作所、東芝、富士通の3社による、パソコンなどの記憶媒体であるハードディスク駆動装置(HDD)事業の統合構想が取り沙汰されている。日立傘下でHDD3位の日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)と5位の東芝、6位の富士通が手を結んで「日の丸HDD」を掲げ、世界最大手の米シーゲイト・テクノロジーなど海外勢に対抗する狙いだ。もっとも日立は昨年、古川一夫社長がHDD事業に見切りをつけ、外資系ファンドとHGSTの売却交渉に入ったが、「推進派の庄山悦彦会長の鶴の一声」(日立幹部)で撤回するなど決断力を欠く。東芝も主力のフラッシュメモリーを活用した記憶媒体のSSDに注力しており、「HDDはSSD普及までの代替商品」(東芝関係者)との位置づけ。3社の足並みは必ずしも揃っていない。日立を筆頭に国内勢がもたつく間に、米シーゲイトは積極的にM&Aを仕掛け、世界シェアを約35%に拡大 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。