Jパワーの二の舞か 経産省がコスモ石油に懸念

2008年9月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

石油精製・元売り第4位のコスモ石油が中東産油国UAE(アラブ首長国連邦)第一の首長国・アブダビが全額出資する政府系ファンドIPIC(国際石油投資会社)から20%の出資を仰いで1年近くが経つ。昨年9月の計画どおり、IPICの特別目的会社Infinity Alliance Limitedが897億円を払い込んで筆頭株主となり、IPICは非常勤取締役を2名派遣した。当初の構想では、①日本にとってサウジに次いで原油輸入量の多いUAEからの安定的な原油調達を促進し、②巨額の有利子負債を抱えるコスモの財務体質を改善し、③海外に豊富なネットワークを持つIPICとの海外事業展開が可能になる、といいこと尽くめの提携だった。当時の甘利明経済産業相も「IPICの出資は日本のエネルギー安全保障に貢献する」として歓迎した。この出資をもとに、今年7月コスモは堺製油所で、1千億円を投じて重質油分解装置群の建設を開始した。国内の石 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。