アルゼに祟るか「石原銀行」

社長や執行役に並ぶ、新銀行東京の戦犯たち。密かに進む内偵に、カジノ王の野望は頓挫するのか。

2008年9月号 BUSINESS [アジアのカジノ王]

  • はてなブックマークに追加

石原慎太郎・東京都知事が鳴り物入りで2004年に立ち上げ、わずか4年で1260億円の累積損失を出し、轟々たる非難を浴びて、400億円の増資を今春強行した「石原銀行」――新銀行東京の内偵を、東京地検特捜部が密かに進めている。衆議院東京8区の伸晃、同3区の宏高ら石原ファミリーにとっては「王朝の黄昏」を意味するだけに、気が気でないだろう。来年7月に都議会議員選挙で必勝を期す公明党も神経を尖らせる。当初から落ちこぼれ金融マンの混成部隊で「営業力が無にひとしかった」(新銀行東京OB)新銀行の無担保・無保証融資は、専ら紹介案件に頼っていたからだ。

新銀行関係者の「疎開先」

週刊誌などで紹介リストの一部が暴露されたが、都議が支持者の中小企業主に頼まれて関わっているケースが目立つ。融資先の信用度をデータだけで判定するスコアリング方式を採用したため、紹介データはすべてコンピューターに保存されており ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。