キヤノンが絞め殺す「研究開発」

御手洗会長が元東大教授を「技術顧問」に招いて問答無用の大リストラ。新事業の芽を摘んで焼野原になりそう。

2008年9月号 BUSINESS [虎の威を借る「技術顧問」]

  • はてなブックマークに追加

「技術展望ができないM会長とI本部長のやり方に、研究開発の研究者たちはやりきれない気持ちで、モチベーションは低下し、とてもC社において新規事業など起きそうにないと皆思っている。辞めていく人たちも出てきている……」本誌は6月半ば、ワープロで綴られた数枚の内部告発を入手した。要約すれば「創業一族出身のワンマン会長が社外から招いた特別顧問を、研究開発(R&D)部門を統括する本部長に抜擢し、次代を担う新規事業の研究テーマの選定を委ねているのだが、その特別顧問が判断基準を明確にすることなく、密室の審議で長年取り組んできたテーマを次々にお払い箱にしている。研究員は不安に戦(おのの)いているが、ワンマン会長の虎の威を借る特別顧問に異を唱えるものはない……」同族企業にありがちな「トップのご乱心」に見えるが、実はこの会社は「日本を代表するエクセレントカンパニー」と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。