打つ手なしのGMに「破綻」の足音

6兆円の債務超過で広がる信用不安。米政府からも見放されそうな雲行き。

2008年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「デトロイト――そこは、弱者が殺(や)られ、食われる街」。米ビッグスリーの街、デトロイト土産でよくあるTシャツの文句だ。Tシャツのロゴは、かつてゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターが産業界のトップに君臨し、従業員に対して全米に誇る手厚い報酬・手当を施していたころの「置き土産」だ。ビッグスリーに勤めることは家族の誇りだった。しかし、今日、誰が負け犬になったかは明らかだ。「デトロイトで最も経営破綻に近いのはクライスラーの次にGM」(ウォールストリート.ジャーナル)と、その消滅すら視野に入ってきている。8月1日に発表されたGMの4―6月期決算は、約155億ドル(約1兆7000億円)という巨額の当期赤字を計上。四半期ベースでは過去3番目に大きな赤字額で、4四半期連続の赤字だ。自動車事業の売上高は、前年同期比18%減の377億ドル(約4兆1357億円)で、一株当たり利益 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。