「麻生政権」の官房長官は細田博之で決まり?

2008年9月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

8月1日、自民党幹事長に麻生太郎氏が就任したが、同時に幹事長代理は細田博之元官房長官が留任した。これは、麻生政権が発足した場合、細田氏が官房長官の有力候補であることを示唆するものだ。福田康夫首相と同じ清和政策研究会(町村派)出身の細田氏。福田氏の信頼も厚く、小泉政権時代に福田氏が突然官房長官を辞任した後、当時官房副長官だった細田氏が後任長官に就任したのも、福田氏が指名していた。今回細田氏は、内閣改造で町村信孝官房長官の後任にも取り沙汰されていたが、実現しなかった。もっとも、首相の後見人である森喜朗元首相は、「ポスト福田」に麻生政権発足を想定して細田氏の温存を望み、それが結局、町村氏続投につながったと見る向きもある。細田氏は昨年8月、当時の安倍晋三首相が行った党役員人事で、麻生幹事長の下での幹事長代理に就任。以来、麻生氏との関係が深まったと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。