「鋼材値上げ」新日鉄がトヨタにリベート

日産のゴーン社長も皮肉った両社の交渉。中小企業の悲鳴を横目に「果実」を分け合う業界トップ。

2008年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「市場のリーダーが動かないと値上げは難しい」。日産自動車のカルロス・ゴーン社長が今年6月25日、株主総会後の記者会見で発言したことが波紋を呼んだ。トヨタ自動車が自動車価格の値上げを率先することを「要請」したうえで、それに便乗しようという露骨な協調値上げ宣言ともとれるからだ。受け取りようによってはカルテルとも疑われかねない。なにより大手2社の馴れ合い的な値上げとなっては、ただでさえガソリン高に苦しむ消費者の反発は避けられない。翌日の全国紙も皮肉を込めて「日産ゴーン社長、トヨタに値上げ催促」(朝日新聞)と報じた。だが、ある自動車メーカーの幹部は「あの発言はむしろ、ゴーンさん一流の(トヨタへの)皮肉だったんじゃないか」と解説する。そもそも自動車メーカー各社が値上げを余儀なくされる原因をつくり出した「戦犯」が、ほかならぬトヨタと考える関係者が多いか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。