「有罪知事」佐藤栄佐久の本音

全面否認して“善戦”したが、有罪判決が出て苦悩する。その「迷える羊」の心境に本誌が肉薄した。

2008年9月号 DEEP [福島県知事汚職裁判]

  • はてなブックマークに追加

前知事は逡巡していた。控訴すべきか、すべきでないか。8月8日、東京地裁刑事第5部(山口雅高裁判長)は、佐藤栄佐久・前福島県知事を収賄罪で懲役3年(執行猶予5年)、実弟祐二被告を収賄罪の共犯と公共工事の競争入札妨害で懲役2年6カ月(執行猶予5年)、追徴金7372万円余りの支払いを命じる有罪判決を言い渡した。判決公判が終わり、東京地裁103号法廷を後にした栄佐久は、追いすがる記者たちの質問には一切答えず、弁護士たちとともに裏手の弁護士会館へと急いだ。記者やカメラマンらは弁護士会館のエレベーターホールまでなだれ込み、警備員に制止される一幕もあった。午後、司法記者クラブで記者会見が行われた。5期18年、福島県に君臨した知事が、単純収賄罪の容疑で塀の中に落ちて有罪判決を受けたというのに、栄佐久は憤りの色を見せない。ほとんど無表情で述べた。「真実は必ず足跡を残す。そ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。