アーバンを殺した理由なき「反社」狩り

吹き荒れる村八分で株価急落。ある日、基準も明示もなく、回覧が回って融資を干される怖さと倒錯。

2008年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「USA」「3ト物語」「横浜3L」「大阪3S」「JAPAN」といった“隠語”をご存じか。地価急落で揺れる不動産業界で噂される「危ない会社」のイニシャルだ。「反社会的勢力」とか「反市場勢力」――略して「反社」「反市」の烙印を押されている。例えば「USA」の「U」、アーバンコーポレイション。不動産流動化ビジネスで08年3月期590億円の経常利益をあげたが、8月13日、負債総額2558億円を抱えて東京地裁に民事再生法の適用を申請した。あっけない幕切れは、「反社」の地上げ屋を手先に使ったため黒字倒産に追い込まれた「S」のスルガコーポレーションに続くものだ。スルガの地上げした土地をアーバンが購入したことなどから、メーンだったみずほ銀行から「反社」と認定され、徹底した融資引き揚げにあい、資金繰りに行き詰まった。注意すべきはこの種のレッテル貼りが、証券市場に「悪材料」を流して売り込む ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。